超高倍率高解像度 CCD USBマイクロスコープ USH140CCD-H1

収差、色収差を極限まで軽減!
高倍率時も画像がより鮮明に、エッジがシャープになりました。

 

  • 日本トップレベルのズーム比12!
  • 従来のハイエンド機の1/4の価格を実現
  • 倍率:270倍~2700倍
  • XYテーブルを標準装備
  • 140万画素CCD撮像素子採用
  • 簡易計測ソフトを標準装備
  • 対応OS:WindowsXP、Vista、7、8(32bit・64bit対応)
製品のお問い合わせ phone028-3911-2006

付属物

140万画素カメラ
超高倍率ズームレンズ
対物レンズ
付属XYテーブル仕様
粗微動アングル付専用スタンド
調光式同軸照明(3W)

仕様

全体仕様

型番
USH140CCD-H1
視野範囲
1.4mmx1.05mm(270倍時) 0.12mmx0.09mm(2700倍時)
対応OS
Windows XP, Vista, 7, 8, 10
焦点
14mm
メモリ
512MB以上

カメラ

撮像素子
1/2”CCD
画素数
140万画素
解像度
1360x1024
接続
USB2.0
基本CPU
Intel Pentium 4以上

レンズ

光学倍率
×0.83~×10.0
レンズ総長
235mm
マウント
Cマウント

標準装備の簡易計測ソフトの機能

soft_img

  • ライブ映像の観察
  • ライブ画像と保存画面の同時表示
  • 静止画の保存(JPEG,BMP形式)
  • 観察画像の一時停止(フリーズ機能)
  • 任意の2点間の距離測定
  • 対応OS:WindowsXP、Vista、7、8、10(32bit・64bit対応)
  • 計測時の校正データの保存・読み出し ※校正用ガラススケールは別売オプションです。

高機能画像計測ソフトMeasurePRO

MeasurePRO

自社開発の高機能計測ソフト。
画像計測ソフト以外にもクロスラインの複数表示、目盛表示、保存画面との比較、コメント挿入ができます。
Excelへのデータ出力機能も装備。

  • 計測項目

    [2点間距離]
    [3点角度]
    [4点角度]
    [円直径]
    [2円間距離]
    [垂線]
    [面積]

  • 便利な機能

    ・Excelへのデータ出力
    ・クロスラインの複数表示
    ・XY軸目盛表示
    ・格子目盛表示
    ・保存画面とライブ画像の2画面表示
    ・任意のコメント挿入

MeasurePRO-Ex

MeasurePRO-EX

高機能計測ソフト(MeasurePRO)のすべての機能に加え、
焦点合成機能を新たに追加しました。
校正用ガラススケール2枚が標準付属(GS-0.2、GS-0.5)
画面上での計測が簡単に行えます。

  • 計測項目

    [2点間距離]
    [3点角度]
    [4点角度]
    [円直径]
    [2円間距離]
    [垂線]
    [面積]

  • 便利な機能

    ・焦点合成機能

高機能計測ソフト(MeasurePRO)と 多機能計測ソフト(MeasurePRO-Ex)の比較

 ・主な違いを表にまとめてあります。必要な機能に合わせてお選びください。

  MeasurePRO-Ex MeasurePRO
2点問距離
焦点合成機能
Excel出力
画像データのサムネイル表示
画面表示倍率変更
クロスライン表示 任意の位置に複数 任意の位置に複数
グリッド
XY軸目盛表示
対応OS Win10まで Win10まで

特徴

安さの秘訣は?

必要なものだけを揃え、必要のない機能は省きました。
オートフォーカス、焦点合成機能は付属しません。
より綺麗な画像で観察するためレンズに力を注ぎました。
是非、日本トップレベルのレンズで観察した高画質の画像をご覧ください。
※テスト依頼を承っております。お気軽にご連絡ください。

凄さはココ!
1. 色収差を極限まで低減!  1000倍で10円玉の表面を観察

SH140CCD-R2で観察した場合

1000倍を超える超高倍率で観察時には、サンプルによっては、波長の違いにより色分解を起こしています。
USH140CCD-H1で観察した場合

1000倍を超える超高倍率時でも、色分解を起こさず観察することができます。

収差、色収差を極限まで低減!
高倍率時も画像がより鮮明に、エッジがシャープになりました

2. エッジがよりシャープに!
1000倍で黒ゴムの表面を観察 

SH140CCD-R2で観察した場合
USH140CCD-H1で観察した場合
映像が鮮明でエッジもはっきりと出ます。

超高倍率での観察

超高倍率観察(1000倍超え)をする場合には、収差の影響でどうしても観察物のエッジがぼけてきます。収差はレンズの性能の1つです。
レンズを選択することで、ある程度収差を押さえることができます。但し、商品価格にも大きく影響しますので、観察物に応じてレンズの使いわけが必要かと思います。

弊社では、
(1)汎用の超高倍率レンズと、
(2)極限まで性能を上げた、高性能の超高倍率レンズを
ご用意しております。

シリコンウエハー上のパターンを2つのレンズで1200倍で観察いたしました。

汎用レンズの場合(SH140CCD-2R)
汎用レンズでは1μmピッチの対象物はエッジが膨らみ、
一体化したように見えてしまいます。

●使い分けの基準
1μmの対象物が接近することなく存在していれば、汎用レンズでも有無確認や位置確認ができます。
異物チェック、パターンの有無などでご使用いただけると思います。

高性能レンズの場合(USH140CCD-H1)
高性能レンズでは1μmピッチの対象物も個別に確認できます。

●使い分けの基準
1μmレベルの変化のある表面観察や同じ色の粒子が集まった
状態での粒子観察などは高機能レンズが必要かと思います。

この商品について問い合わせる

phone028-3911-2006

営業時間: 08:00 ~ 17:00
土日祝休