アナログRGB信号をPCに取り込む方法

当社のPCモニタ直結カメラGR80XGA3は、表示遅延や残像の発生なしに、高解像度の画像をモニタで即座に観察できることが主な利点です。同時に、モニタへの直接接続による手軽さも特筆すべき特徴です (PC本体は必要ありませんし、ソフトウェアのインストールも不要です)。

 

任意ライン発生機能付PCモニタダイレクトカメラ  
任意ライン発生機能付
PCモニタダイレクトカメラ
GR80XGA3
 

 

PC不要でモニタへの直結が利点のカメラですが、時にはこの映像をPCに接続したり、分配器を介してPCとモニタの両方に接続したいというニーズがあります。

このカメラの映像をパソコンに取り込む方法を2つご紹介します。

 

1. キャプチャーボード(デスクトップPCに限ります。)

 

通常、アナログRGB(15Pin D-sub)の映像形式に対応するキャプチャーボードは高価ですが、中でもAVerMedia Technologies社の「Game Broadcaster HD AVT-C127」は比較的手頃な価格で入手できます。

 

Game Broadcaster HD AVT-C127

 

このキャプチャーボードを使用して、PCモニタ直結カメラで撮影した画像をパソコンに取り込むことができるかどうかをテストしました。

このボードは、iPhone/iPadの画像をデスクトップパソコンに簡単に録画できることで知られており、一般的にパソコンショップなどで手に入れることができます。実際、このボードを使用して静止画を撮影し、保存することができました。

 

さらに、このキャプチャーボードに付属の専用キャプチャーソフト(RECentral)を使用すると、MP4形式で動画を保存できます。解像度1280×1024で20秒の動画を撮影した場合、ファイルサイズは約30MBと比較的小さいです。一般的に、AVI形式で同じ長さの動画を撮影した場合、ファイルサイズはMP4形式の約10倍になります。ただし、専用キャプチャーソフト(RECentral)で「AVI」を選択した場合、なぜか動画を撮影できない現象が発生しました。もちろん、当社のViewerソフトウェアでも利用可能です。このキャプチャーボードを使用するには、Windows 8またはWindows 7を搭載したデスクトップ型パソコンが必要です。当社では、Windows 8を搭載したデスクトップ型パソコンでの動作を確認しています。

 

Game Broadcaster HD AVT-C127

 

全てのデスクトップパソコンで使用できるかどうかは保証できませんが、手ごろな価格で実現可能なので、お試しいただく価値はあると考えています。

 

2. アナログRGB-USB変換器(デスクトップPC、ノートPCで使用可能)

 

以下はEpiphan社の変換器です。デスクトップPCおよびノートPCの両方で使用できます。

 
 

アナログRGB-USB変換器

 

<使用例 イメージ図>
アナログRGB-USB変換器