カメラはモノクロに対応している?

カラーカメラには、モノクロ(白黒)モードがありますが、純粋なモノクロカメラ(白黒カメラ)も存在します。

カラーカメラのモノクロモードは、通常、カラーの画像をモノクロに変換しています。

では、純粋なモノクロカメラの利点は何でしょうか。 一般的に、カラーカメラよりもモノクロの方が高感度です。

高感度ということは、シャッタースピードや焦点深度の調整に有利です。 また、波長感度特性も異なります。 センサーそのものの感度が大きく変わることもあります。

 

カラーカメラの分光特性例

カラーカメラの分光特性例
モノクロカメラの分光特性例
モノクロカメラの分光特性例
   
カラーカメラのフィルター特性例
カラーカメラのフィルター特性例

 

 

ただし、カラーカメラには、多くの場合、フィルターが組み込まれており、約650nmで波長をカットするものが一般的です。