産業用カメラでレーザー光を受光できますか?

一般的な産業用カメラには、レーザー光やアーク放電光などの強い光が入ると、撮像センサーが焼き付きを引き起こすことがあります。

通常、強い光を撮影する場合は、減光フィルター(NDフィルター)が使用されます。NDフィルターは、波長を選ばず、光量を一定量減少させるために使用されます。

市販されているNDフィルターには、ND4、ND8、…、ND1000などがあります。末尾の数字は、減光率を示しています。

 

 

レーザー光

 

*観察光を1/1000に減光するレベルであれば、市販品で十分です。

 

 

強い光を前提に設計されたカメラもあります。例えば、強いアーク光を観察するカメラでは、本体にNDフィルターが内蔵されています。

 

 

 

 

光の強さに応じて、各メーカーが工夫しています。あるメーカーは、半導体レーザー(Class3B)内蔵機器の光軸調整に通常の産業カメラにNDフィルターを装着して調整しています。

 

NDフィルター

 

もちろん、ビーム位置の検知には専用の測定器もあります。

 

 

ビーム位置を検知する場合やレーザーなどのエネルギー分布を計測する場合は、汎用のカメラではなく専用の測定器を使用することが推奨されます。

測定器のシステムとしてカメラを応用しているものや、サーモパイルやPSDなどのセンサを使用しているものもあります。