超高倍率マイクロスコープ(NSH500CSU)を透過照明で使う方法

NSH500CSUには、簡易式XYテーブルが標準で着いておりますが、透過照明には対応していない為、透過照明を取付ける方法をご紹介します。

 

◆パターン1
RD-95Tにゴム足を取付け、標準付属のXYステージ(TK100)に載せる方法

RD-95Tにゴム足を取付け、標準付属のXYステージ(TK100)に載せる方法

 

加工の必要もなく簡単に透過照明を導入出来ますが、対象物の大きさがRD-95Tに載る大きさ(φ95)に限られます。

ゴム足が着いている為、滑る事はありませんが、手が当たる等の衝撃で照明本体がズレる事がございます。

 

◆パターン2
回転式簡易XYステージに変更し、観察板を外しRD-95Tをはめ込む方法

 

回転式簡易XYステージに変更し、観察板を外しRD-95Tをはめ込む方法

 

RD-95TをXYテーブルにはめ込む事が出来る為、ある程度は固定できます。
ケーブルを外に逃がす必要がある為、ベース自体にφ10程度の穴あけ加工が必要です。
弊社では出荷前に無償で穴あけ加工も行うことが出来ます。

 

 

今回ご紹介した製品の詳細は、下記よりご覧ください。

超高倍率USB マイクロスコープ NSH500CSU

超高倍率USB マイクロスコープ

NSH500CSU

   

 

 

 

回転式簡易XYテーブル TK180-K

回転式簡易XYテーブル

TK180-K

   

 

 

 

透過照明 RD-95T 透過照明 RD-95T