200万画素、300万画素、500万画素USBカメラがありますが、解像度の違いでどのような差があるのですか?メリット、デメリットは?

画素数が高いカメラである程、解像度は高くなり、パソコン上で拡大しても画像が荒くなりにくいです。しかしデータ容量は重くなる為、 パソコンへのデータ転送速度が遅くなります。すなわちピント合わせや位置合わせなどの動きに対してリアルタイムでの画面表示が遅れがちになります。
PCのモニタにも解像度があり、PCの画面上で観察し、画像を保存するだけの用途でしたら、どの画素数でもあまり差はなく、200万画素程度で十分になります。
保存した画像をデジタルズームをかけるような用途が多ければ画素数が高いほど優位になります。

カメラの違い

ただしそれぞれのカメラに解像度切り替えができますので、低解像度で観察し保存する際はフル解像度で保存すればいいのです。

<各USB2.0カメラのフレームレート・フレーム切り替え>

型番
GR300BCM2
GR500BCM2
最大解像度
2048×1536
2592X1944
フレームレート
6frame/sec 
(2048×1536)
4frame/sec 
(2952×1944)
フレーム
切り替え
2048×1536
1024×768
640×480
2592×1944
1280×960
1024×768

ご希望の用途にあったカメラを選定させていただきます。お気軽にテクニカルサポートまでお問い合わせください。