ケラレとは?

ケラレとは

カメラの撮像素子に対して不適合なレンズを使用した場合に発生する黒いトンネルのような黒い部分のこと。
トンネルの中から覗いているような見え方になります。

 

ケラレ
画面の四隅に黒い部分(ケラレ)が見られます。

 

ケラレの原因

例えばボアスコープの場合、

ボアスコープと接続するカメラのセンササイズが広くなるとケラレ部分が広くなります。 

反面、ボアスコープを目で直接みている映像に近くなります。

 

 

 

顕微鏡の場合、

通常、顕微鏡用カメラはケラレ(4隅の影)がでないように作られております。

ケラレがでないように余裕をみて設計しますが、その度合いはメーカーにより異なります。